玉川温泉の歴史

玉川温泉の歴史

がんに効くにきくなどと口コミで広まり、現在では年間約20万人以上が訪れる国内でも名高い名湯の一つとなった玉川温泉の歴史について解説していきます。

 

玉川温泉の起源

秋田県十和田八幡平国立公園の一角に位置する玉川温泉は奈良時代の末期806年に、海抜1336メートルの焼山火山が大爆発し、その爆発口から噴出した湧き湯であると伝えられてます。

 

江戸から明治(発見)

そして、1680年(綱吉の時代)、地元民が発見したそうです。その発見した時に鹿くんが傷を癒していたので、鹿湯と呼ばれていたとのことです。さらに月日が流れ1885年、鹿湯という名称で湯治場として開かれるまでは硫黄採掘所の工夫とマタギが温泉を利用していました。

 

昭和になり温泉地化

1929年(世界恐慌の年)に玉川温泉の効能の高さを知った関直右衛門は、この地を温泉地として本格的に開発した。1932年には、湯瀬ホテルを建設し玉川温泉の権利取得。1934年、鹿湯から名称を玉川温泉に改名しました。命名者は、朝日新聞記者の杉村楚人冠という方だそうです。  

 

戦後には国民保養温泉地に

戦前は交通手段がなく便が非常に悪い場所に玉川温泉はあるのでなかなか開発が進みませんでした。しかし、1950年、国道が通って、バスが行きかうようになると大きく開発は進み、1959年遂には、八幡平温泉郷の一部として国民保養温泉地に指定されて、今では大変人気のある温泉地となっています。

 玉川岩盤浴スーパーマット(全身用)
玉川岩盤浴スーパーマット(全身用)

テレビや雑誌で話題の超有名な秘湯である秋田県の玉川温泉をご自宅で堪能するために開発された大ヒット商品です。低放射線(ラジウム)によるホルミシス効果をはじめ、遠赤外線による温熱効果、マイナスイオンによる癒しの効果と3つの優れたパワー(効果)を堪能できる非常に優れた製品です。ご自宅にいながらあの玉川温泉岩盤浴と同じような効用を体感することができます。そして、軽量マットだからいつでも手軽に持ち運べるのがとっても便利です。

玉川岩盤浴スーパーマット(全身用)公式サイト

価格 メーカー 評価
69,942円(税込) エコム株式会社 玉川温泉,歴史